ADA プリアンプとマーシャルパワーアンプ


ADAプリアンプとマーシャル パワーアンプ 9000シリーズの組み合わせ。

バンドの音がハードコア一辺傾からファンキーな音に変化する際により
バリエーション豊かなサウンドを構築できればと思ってマーシャル9000
シリーズのパワーアンプとプリアンプを購入したのがきっかけでした。

アンプ ラックマウントエフェクター下から順に
マーシャル パワーアンプ 9000シリーズ
ADA プリアンプ
ローランド デジタルコーラス
ローランド デジタルディレイ
グヤトーン ワイヤレス
手元を照らすライト兼パワーコンディショナー
ノイズサプレッサー
32バンド イコライザー
BBE エキサイター



マーシャルのプリアンプは何種類かのプリセット済みのサウンドをペダル操作
によって切り替えることができましたが、プリアンプとペダルの接続部分が壊
れ易くライブで使用中に何度か壊してしまったので9000シリーズのプリアンプ
の使用を諦めました。当時これに変る製品でADA社が発売していたプリアンプ
の評価が高かったので後日、購入に至ってこの様なセットアップになりました。

ADAのプリアンプは99種類のサウンド設定が可能だった様に覚えています。
これらを足元のペダルで瞬時に呼び出し切り替えられたので私が描いていた
エフェクターの用途を十分生かす事ができ幅広い音作りが可能になりました。

それらの点では非常に重宝しましたが、歪具合いがマーシャルと随分違った
のが唯一の難点でした。試行錯誤しながら何とか満足できる音になりました。



しかし色々詰め込んだ為に重量は重くなるばかりでヨーロッパツアー中は毎日ライブ
だったのでその重さに辟易してしまいました。機材移動だけで筋肉痛になりました。

ちなみにバンドメンバーはこのラックマウントアンプをスターウォーズのロボット
に見立ててR2-D2と呼んでいました(笑)バンド活動を止めてから一度も音を出し
た事が無いので、少し心配していますが機会が有れば音出ししてみようと思います。
スポンサーサイト



マーシャル ジュビリー モデル 2555


マーシャル ジュビリー 25/50 MODEL 2555

このアンプで先ず目を引かれたのがシルバーの外観でした。通常のマーシャル
とは違うので多少違和感を感じました。当時のルームメート、音楽大学の先輩
が店頭で試奏しこのアンプのことを私に知らせてくれたのだったと思いました。

どんな経緯だったか今となっては定かでは有りませんが、先輩が先に購入して
その音を聴きこれは良い!と思った私も後から購入したのだったと思います。

この先輩は元々、渡辺香津美などを聴いていたのが徐々にジョー サトリアーニ
やスティーブヴァイなどに傾倒してマーシャルに興味を持ったのでした。先輩が
マーシャルに興味を持たなければ私もこの機種に出会う事は無かったと思います。

実際に鳴らして見ると歪み具合いが良くてこれに日本から持って来たMAXSON
のST01 SUPER TUBE SCREAMERを組み合わせるとほぼ理想の音を作ることが
できたのでライブからレコーディングまでこのアンプをメインで使っていました。

私のバンドがファンク路線に変わる過程でプリアンプとパワーアンプを組み合わ
せたラックマウントアンプをメインで使用することになりましたが、シンプルで
良い音を求めたらジュビリーに敵う物は無いと思わせてくれるような機種でした。

本当に気に入ったので当時2台購入しましたが現存するのは一台のみでもう一台
はラックマウントアンプに変更する際に売却してしまったのかも知れません?

たまに音を鳴らして見ますが音は健在でほぼ正常に音を鳴らすことができます。
今となっては置物と化してしまってますが...検索して見たら復刻モデルが発売
されている様です。しかしながら、ちょっとその価格に驚いてしまいました。

もうこのアンプに活躍の場は与えられませんが大切に保管しようと思っています。




マーシャル小型アンプ


Marshall / LEAD20

20wの小型アンプでチューブアンプでは有りませんが中々良い音がします。
当たり前ですが、小さくてもやはりマーシャルの音に違いは有りません。

かなり大きな音がするので部屋での練習用に使っても十分過ぎる程でした。
これを買うまではマーシャルの100wを部屋で鳴らしていましたが音量を
絞ってもうるさくて耐えられなかったので楽器店で見かけ即購入しました。

トランジスタでもあまり気にせず使っていましたが流石にレコーディング
で使用したことは有りませんでした。とは言うものの発売CDに収録され
ている曲のアイディアやリフを作る時などに活躍してくれたアンプでした。


今は部屋の片隅に置いて有ります。アンプのツマミを回すとノイズが出たり
してしまいますが、まだ何とか使えます。最近めっきりとギターを手にする
ことが無くなりましたがこのアンプを眺めていると音楽三昧でライブと練習
に明け暮れた日々を思い起こします。そんな思い出が詰まったアンプです。

ESP M1 デラックス モデル


ESP M1 MODELです。ストラトキャスター形状ですが、リアはハムバッカー
で意外に太い音がしました。フロントピックアップはシングル形状なのですが、
どういう訳けかハムバッカーの様な厚みの有る音が出ます。シングルピック
アップ形状でハムバッカーなのだと思いましたが、音楽とは縁の無い生活を
していますので、細かな事は忘れてしまいました。鋭角なヘッドがカッコ良い。

このモデルは主にMELTDOWNのレコーディングとリハで良く使用しました。
NEW YORK ESPで原価の1/3程にまけてもらい$600くらいで購入しました。
プロフィール

BxHxC

Author:BxHxC




在米中にバンド活動しCD LP EPを発売
CBS/ROADRUNNER EMERGOに所属。
NUCLEAR ASSAULT スラッシュメタル
BAD BRAINS ハードコアなどと共演。

BxHxC ディスコグラフィー

共演したHARDCOREバンド プロと
して活動していた友達のバンドなど
80年代の激音系音源を中心に紹介。

過去に共演したバンド一覧

このブログでは良く聴いていたバンド
やアルバムをメモとして残し整理する
為に活用しています。不定期で更新。


ブログランキング人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ

訪問者数
共演バンド
在籍バンド スライドショー
BxHxCサンプル音源
カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ